Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
きゃりーもぐもぐのロゴ

塩分控えめを気にかけた宅配食事ランキング【食事制限に役立つ無添加配慮の弁当も】

塩分控えめを気にかけた宅配食事ランキング【食事制限に役立つ無添加配慮の弁当も】

結論からいいまして、塩分控えめを気にかけたメニューがある食事・弁当宅配サービスは、

  • 「塩分控えめを意識できる食事がしたい!」
  • 「でも、料理はしたくない!時間がない!」

という方にとくにおすすめです。そして「減塩・無添加への配慮がある」の2点が重要ポイント。

一人暮らし働き盛りで、食生活を振り返るダイエットを意識している方、多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

いざ食生活を振り返ってみると、仕事帰りや週末の夜に、同僚とワイワイ盛り上がり飲むお酒が楽しみになっていませんか?キンキンに冷えたビール、宴が進んで切り替える日本酒には、しょっぱくて味付けの濃いおつまみも欠かせません。グラス片手に、このようなメニューをみんなで平らげます。

  • 枝豆
  • フライドポテト
  • 鶏の唐揚げ
  • 焼き鶏
  • 餃子
  • するめ
  • しらす丼
  • いかの塩辛
  • たらこ・明太子
  • お刺身(とくに赤貝・トビウオ・トロ!醤油をたっぷりつける!)

まさに「塩分摂りすぎ」メニューの典型ですね・・・。

 

食生活を振り返らない毎日を繰り返した結果・・・

当然、いつのまにか、ぽっこり。

 

もちろん、自身の様子には何となく気づいていますよね。その証拠に、楽しいひと時を過ごす一方で、いつも頭の片隅では「しまった。今日も塩分摂りすぎかも」「何とかしないとなあ」という不安を抱えているかもしれません。

 

それでは、自宅での食事はどうでしょう?飲み会以外でも食事は外食で済ませることが多いときがあるようです。たまに、家で食事を摂るときにも、食べるものは偏ってしまうことも。

  • 市販のお弁当
  • カップラーメン
  • レトルト食品
  • 出来合いの惣菜
  • 冷凍食品

まさに「一人暮らし中年男性“あるある”食生活」だと思います。

 

つまり、「塩分の摂りすぎかもしれないと思っている。だから、健康的なメニューを食べたい」という気持ちを持っているものの「食生活を意識するまでは至らない」という状態です。

 

意識できない主な理由は、仕事が忙しいこともあって自炊をする時間がないこと・・・いいえ、もっと深いところを言ってしまえば、「調理することは興味が無いので、やりたくない」というタイプの男性であることです。

 

そのような方には、私から「宅配食も取り入れてみてはいかがでしょうか?冷凍だし、手間がかかりません」とお伝えしたいです。

 

人それぞれライフスタイルがあるのは当たり前ですから、料理に興味が無いことは問題ではありません。でも、問題なのは「食生活の意識が乱れていること」です。私には、食生活を意識することが第一優先に思えたのです。

 

専門の宅配会社を利用することで塩分摂取量の調整ができる

今、部下のため会社のため、そして未来の家族のため、休日出勤も残業もいとわずにバリバリ働いている。それもこれもすべては、自分の思い描く未来があるから、がんばれるのですよね。

 

しかし、このまま乱れた食生活を続けていくと、今の調子を保てるかどうかはわかりません。何をやるにも活力がなくなったり、気持ちが落ち込んでしまったり。今そのような不調を感じる日があるのなら、それは偶然ではないのかもしれません。

偏った食生活を続けていくと・・・

調理する時間がなかったり、料理自体が苦手だったりするのであれば、いちから勉強して自炊という選択肢ではなく、宅配食事サービスを利用するという方法もあります。専門の宅配食業者には、必ず管理栄養士がついています。栄養面への配慮はもちろん、味についてもこだわりを持って選ぶことが可能です。

 

塩分控えめの宅配食事がある会社を探せ!

私が「塩分控えめメニューがある食事・弁当宅配サービス」を選ぶ条件は、この3つ。

ポイント1減塩に配慮があって美味しい
まずは、塩分量が低く調整されていること。食生活をコントロールしたいと思ったらきっちりとした塩分計算が欠かせません。なので、塩分量が計算されていることが重要です。同時に、塩っ気だけに頼らない美味しく食べられる味付けの工夫があると最高です。

ポイント2調理なしですぐ食べられる
次に、調理なしで食べられること。体調管理をともなう食事を毎食用意するとなると、負担は大きくなりがちです。なので、調理済みの食事を届けてもらうのがベストです。自身の手間・労力を省くことで、食生活の見直しに集中できます。

ポイント3できるだけ無添加の配慮がある
そして、できるかぎり無添加の配慮があること。添加物が少ない食べ物のほうが体がスムーズに受け入れてくれます。なので、全くの無添加とまではいかなくとも、宅配食ならではの配慮があると理想的です。

 

これら3つのポイントを条件にした場合、候補となるのは以下の3社です。主な特徴・違いを比較表にしてみました。

健康三彩 わんまいる ウェルネスダイニング
一食の塩分・カロリー 塩分1.6g~1.9g
ご飯と汁なしで205~269kcal
塩分3.5g以下
ご飯と汁なしで400kcal以下
塩分2g以下
ご飯と汁なしで300kcal以下
栄養バランス 管理栄養士監修
無添加の配慮なし
老舗惣菜専門店・管理栄養士監修
国産野菜100%の原材料
手作り調理
合成着色料・保存料無添加
管理栄養士監修
調理過程において無添加
調理時間 容器ごとレンジ解凍5~10分 個包装袋を湯せん・お皿に移してレンジ解凍5~10分 容器ごとレンジ解凍5~10分
配送地域 全国
(ヤマト運輸の時間指定あり)
全国
(ヤマト運輸の時間指定あり)
全国
(ヤマト運輸の時間指定あり)
送料 送料無料商品を除いて670円 全国一律918円
※北海道、沖縄は2,106円
初回購入なら送料無料
通常700円
定期350円
一食当り料金 647円 696円 642円
支払い方法 クレジットカード
代金引換
クレジットカード
代金引換
銀行振り込み
Amazonペイメント
キャリア決済
クレジットカード
代金引換郵便振替
コンビニエンスストア(後払い)
お試しセット 3食2,052円
送料無料
5食15品3480円
キャンペーンでお得な値段になる
7食4,500円
14食8,800円
21食13,000円
送料無料
注意点 塩分だけでなく通常食やカロリー食のメニューもある
一品おかずもある
添加物がやや気になる
主菜1品副菜2品の健康食
冷凍弁当では最高の安全性
はっきりと病気でないならココ
主菜1品副菜3品の健康管理食
低たんぱくごはん・トクホみそ汁なども揃っている
病気の健康管理と美味しさの両取り
公式サイト ボタン 公式サイト ボタン 公式サイト ボタン

 

料金や配送地域がわかったところで、いかに「減塩に配慮があるか」「すぐ食べられる」「無添加」なのかを詳しくお話させていただきます。わかりやすいよう、私の体験をもとにして第3位、第2位、第1位というふうにランキング付けさせていただきました。ですので、私が感じた本音のままにお伝えさせていただいています。

 

第3位:おまかせ健康三彩「塩分1.6g~1.9g・205~269kcal、レンジ解凍、無添加の配慮はなし」

健康三彩第3位は、おまかせ健康三彩の塩分コントロールコース。「塩分1.6g~1.9g・205~269kcal」「レンジ解凍」「無添加の配慮はなし」という特徴を持つ宅配食事です。

おまかせ健康三彩 すき焼き 外観

主菜1品副菜2品のスタイル。「塩分1.6g~1.9g・205~269kcal」という数字に気を遣った献立が魅力的です。ご飯と汁物がつけられないのは、便利さという点で弱みかもしれません。ただ言い方を変えると、それぞれを食べる量によってカロリーや塩分を調節できるともいえます。

 

なので「お米は自分で炊いて用意できる」「お米の量は自分で決めたい」場合、あるいは「ときに炭水化物を抜いた食事をしたい」場合にも、ムダがありません。

写真は、すき焼き、春菊の胡麻和え、かぼちゃのりんごソースの三品。調理方法は、容器ごとレンジで温めるだけ。自身の気分にかかわらず、食器に移すことなく容器のまますぐに食べられるので助かります。おまかせ健康三彩 すき焼き レンジ肝心な味は、しっかりした味付けとお肉もたっぷり入っていて、満足。春菊の胡麻和えが、すき焼きととても相性が良くて、両方を食べながら味のバランスを取ることができました。かぼちゃのりんごソースは、おかずというよりは、デザートという感じ。化学的な味ではなく、ちゃんとリンゴを使って作られているような印象でした。

欠点は、無添加ではないところ。保存料や着色料について、メールで問い合わせしてみたところ、特に無添加であることや添加物を少なくしようというようなこだわりはありませんでした。

社内調理品に関しましては冷凍商品ですので、保存に必要なものは使用しておりませんがハンバーグ、つくね、揚げ物など一部仕入品に関しましては使用があるものもございます。

それでも、無添加でこそありませんが、低塩分で栄養バランスを気にかけた食事をとることができます。さらに、塩分やカロリーだけでなく、たんぱく質や脂質の量まで献立ごとにしっかりと表記されているところも、食生活見直しの大きな助けとなります。加えて、商品ページであらかじめ原材料をチェックすれば、より確かな管理ができるでしょう。

おまかせ健康三彩まとめ

おまかせ健康三彩が向いているのはこのような方です。

  • 和洋中と様々なメニューを食べたい
  • 容器ごと電子レンジで温めるだけがいい
  • 添加物にはそこまでこだわらない

 

上位2社との大きな違いは、「添加物にはそこまでこだわらない」ところ。なので、塩分量を意識することを最優先にして「和洋中と様々なメニューを食べたい」方に向いています。

 

第2位:わんまいる「塩分3.5g以下・400kcal以下、個包装袋を解凍、合成着色料・保存料無添加」

わんまいる第2位は、わんまいるの旬の手作り健幸ディナーセット。「塩分3.5g以下・400kcal以下」「個包装袋を解凍」「合成着色料・保存料無添加」という健康食です。おかずセット12

和食スタイルであるところが、大きな特徴(主菜1品副菜2品)。ご飯と汁ものが、つくセット、つかないセット、どちらも好きな方を選べるのも便利です。写真はお米・汁物なしセットですが、何と400kcal。

調理方法は、おかずによって解凍の仕方が振り分けられています。解凍の仕方は「加熱(レンジ・湯せん)」「自然解凍(冷蔵庫解凍)」「流水解凍」のいずれかです。いずれの方法でも、およそ5~10分弱で完成。

おかずセット13

「容器ごと電子レンジで温められない」というのは不便に感じるかもしれません。しかし、これはどのおかずも最大限美味しく食べるための工夫でもあります。そのため、「塩分制限中でも食事の楽しみ・美味しさ」を失うことがありません。

写真は、鮭の塩焼き・高野豆腐の炊き合わせ・オクラのとろろ和え。主役は立派な鮭で、身もしっかりしていて、塩加減もちょうどよく、おいしく食べることができました。高野豆腐とオクラは、まさに引き立て役。優しい素材の味という印象です。やはりご飯と汁物がつきませんが、それぞれの食べる量によってカロリーや塩分を調節できるともいえます。おかずセット14さらに「合成着色料・保存料無添加」。その他わんまいるは、管理栄養士監修、西日本の食材中心など、体に優しいと感じられる特徴がいくつもあります。

わんまいるまとめ

わんまいるが向いているのはこのような方です。

  • 和食中心に肉・魚の両方を食べたい
  • 湯せんや食器に盛り付けるくらいは厭わない
  • 添加物などへの安全性を求める
  • ただし、「塩分3.5g以下」を許容できる

 

わんまいるのポイントは「塩分3.5g以下」という数字をどうとるかです。自身の体調によっては「塩分が毎日の一食にしては多すぎる」ともとれるからです。ただ、合成着色料・保存料無添加などの気遣いを感じられる特徴もありますので、数食に一食利用するなどの工夫ができる方に向いています。同じメニューが1ヶ月間被らないというのも、毎日の食事が楽しくなる嬉しいポイントです。

第1位:ウェルネスダイニング「塩分2g以下・300kcal以下、レンジ解凍、調理過程において無添加」

ウェルネスダイニングアイコン

第1位は、ウェルネスダイニングの塩分制限気配り宅配食。「塩分2g以下・300kcal以下」「レンジ解凍」「調理過程において無添加」という三拍子そろった宅配食事となります。

ウェルネスダイニング 塩分制限宅配食 牛すきやきとポークトマト煮弁当

主菜1品副菜3品スタイルで、一食に使われている食材はなんと15品目以上!さらに、管理栄養士監修のもと、一食塩分2g以下・300kcal以下に抑えているのはすごいとしか言いようがありません。

調理方法は、電子レンジで4分。温めている間にいい匂いがして気持ちが昂ぶってきます。または、半日冷蔵庫解凍後、電子レンジで2分温めるとより自然な風味でいただけます。ウェルネスダイニング 塩分制限宅配食 牛すきやきとポークトマト煮弁当 内容写真は、牛すき焼きとポークトマト煮。お肉が思ったよりたっぷり入っていて嬉しかった!さらに感動だったのが、ポークトマト煮。角切りされている豚肉、トマト煮の酸味、マッシュルームの食感・・・とってもおいしかったです。他のおかずでほっと一息つきながら楽しめて、塩分量はわずか1.6g。「プロによる、メリハリが効いている献立とはこういうものなんだ」と学ばせていただきました。

さらに「調理過程において無添加」なのは、明らかな強みです。添加物による体への負担を気にかけつつ、優しい食事が実現できます。ウェルネスダイニング 塩分制限宅配食 ランチョンマットまた、オリジナルのランチョンマットがおまけで同封されていました。さりげなく召し上がり方のポイントが書かれていて、食事中についつい目を通してしまいました。「押し付けでなく、自分からポイントが頭に入れられるように」という心配りに脱帽です。

ウェルネスダイニングまとめ

ウェルネスダイニングが向いているのはこのような方です。

  • 塩分を抑えつつ様々なメニューを食べたい
  • 容器ごと電子レンジで温めるだけがいい
  • 添加物への配慮を求める

 

弱点といえるのは、お米・汁物がつかないという点だけ。しかし、それぞれの食べる量によってカロリーや塩分を調節できるともいえます。その上、ウェルネスダイニングは「味のメリハリが効いて美味しい、電子レンジで温めるだけ、無添加の配慮もある」素晴らしい宅配食と言えるでしょう。

 

【目的別!】ランキング一覧は下の「らんきんぐ」をタップするとみれます!

ランキング 記事下
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

return top